春は桜、秋は紅葉。愛車のダイハツハイゼットに家財道具一式積み込み日本全国車中泊の旅に出かけています。


by 風流浪人

サホロリゾートスキー場

7 道の駅 おとふけ 起床。

しめた! 雪も 積もってないし 快晴 無風、絶好の スキー日和。


9時に サホロリゾート スキー場 着。

ここしばらく 大雪を 見ていないので 、ゲレンデは 新雪 言うわけには いかない。

ここは 加森グループの 運営で ルスツと 同じ システム。

地中海クラブもある リゾートスキー場 なんだけど、ちょっと 向こうに 星野リゾートが 運営する トマムが ある。

比較すると 厳しいかな?


コースは 1 滑れば もう 十分。

距離 コースレイアウト 難度、、、、そこそこ。


やっぱり ニセコを 滑った後の ゲレンデは 辛い 点数に なってしまう。

でも ほとんど 一日中 晴れていて 十勝平野や 大雪山系の 山並みは とても 綺麗でした。


本日の 一宿の 恩義は 道の駅 樹氷ロード 日高。

日高山脈の 山並みに 囲まれている 交通の 要衝。


明日は トマムで 滑りたいけど お天気は どうかな?



[PR]
# by 1152toru | 2018-02-19 18:51 | 2012年 2017年 北海道の旅 20 | Comments(0)

帯広 ばんえい競馬

6時半 道の駅 忠類 起床。

昨日から 雪は 全く 積もっていないが 猛烈な 横風。

時々 車が 持っていかれそうに なる。

ありがたいことに お天気は 快晴。


午前中 道の駅 スタンプラリー

帯広の 南側が 空白ゾーンに なっていた。

うらほろ 忠類 大樹 更別 中札内 、随分 スッキリ スタンプ ぽん。


午後 帯広競馬場に 行って ばんえい競走。

入場料 100円を払い 場内に。

設備は 古臭いが、思ったより お客さんも いる。

競馬場と 言えば むさい おっさんの 溜まり場 イメージが あるが、ここは 意外と 家族連れや 若い グループ はたまた 外国人の グループ 目につく。


ソリを 引っ張って ちょっとした 小山を 乗り越えるんだけど これが 相当 難しいみたい。

馬が 両膝を 突いてしまうことも しょっちゅう。

思わず 頑張って! 叫んでしまう。


これを 乗り越えると 直線 100m くらい。

でも それも 最後まで すんなり とは いかない。

観客が 馬と 一緒に ゴールまで 走る 恐ろしく のろい レースです。

馬券も 買わず 夕方まで 5レース 見てしまった。

面白い 競馬だね!

e0271579_18151913.jpeg

今日の 一宿の 恩義は 道の駅 おとふけ。

帯広から 北に 10キロほど。

結構 賑やかで こじんまりした 道の駅。

あんまり ゆっくりは できない 雰囲気。


明日は 久しぶりに スキー場に 行こうかな、、、、、


[PR]
# by 1152toru | 2018-02-18 18:15 | 2012年 2017年 北海道の旅 20 | Comments(0)

阿寒に 果つ

6 道の駅 摩周温泉 起床。

昨日からの 積雪は ゼロで 青空が 見えている。

ちょっと 怖い 峠越えが あるけど 阿寒湖に。


阿寒湖 8時前 到着。

案内所も 開いてないし 湖畔に出て スケッチでも しようか、、、

湖周道路を 走っていると どうも 行き止まり みたい。

ここで Uターン。

これが えらいことに!



バックしてたら 雪が 被った 溝に 後輪を 落として しまった。

泣けど 叫べど 事態は どんどんと 悪化。

こうなれば JAF 呼ばないと。

アイパッドでは 電話が できない。

街まで 歩こうか、、、、、、悲惨だなあ。

e0271579_19452165.jpeg

しばらく 歩いてたら 横道から 車が!

恥も 外聞も かなぐり捨て 街まで 乗せて 下さい、、、と お願いした。

ところが この お兄さんが 車を 牽引してあげよう 言ってくれてる。

とりあえず 現場まで 乗せてもらい 牽引ロープを 出して 車を 引きずり上げて くれました。

地獄に とは 、、、、、 人情が 痛いほど わかります。

お礼を 出しても 固辞され 、こんな 有り難い 経験を させてもらいました。

一生 忘れないでしょう。


気を 取り直し 阿寒温泉まで もどり 湖上の 駐車場から 雄阿寒岳の スケッチ 一枚。

お約束 色を 塗り始めたら 吹雪に、、、、


そのあと 毬藻を 見たりして、 道の駅 阿寒 丹頂の里に。

雪は がんがん 降っている。


ここは 丹頂鶴の 集積地で 数十羽の 丹頂鶴が!

初めて 見たけど 随分 優雅。

終戦時には 20羽くらいまで 減っていたのを 地元の 人々の 努力で 1600くらいまで 増えている そうです。

目の前で 舞っている 丹頂鶴は 本当に 可愛い。



夕方 十勝川河口の 大津海岸に ジュエリーアイスを 見に。

川から 流れ出た 氷が 浜に 打ち上げられ まるで 宝石のよう、最近 ぐんぐん 人気上昇中。



本日の 一宿の 恩義は 道の駅 忠類、温泉 併設の 気持ちよい ところです。


大変な 1日も、 雪に 埋もれた 露天風呂で 元気回復です。



[PR]
# by 1152toru | 2018-02-17 19:47 | 2012年 2017年 北海道の旅 20 | Comments(0)

流氷 屈斜路湖 摩周湖

6 道の駅 女満別 起床。

昨日から 全く 雪が 降っていない。


早速 網走 オーロラ号 流氷 巡り。

9時半の 始発に 乗ったが 、こんな寒い 最果ての地に お客さんが いるのかな? 思ってたが ぎっしり 満員の 予想違い。

でも 外国人が 多かったなあ。


流氷は 海岸に ギッシリ 流れ着くもんだと 思っていたが、それは 海面が 凍っているだけで 、流氷は 沖合まで 出かけないと 見れない。


まあ すごいもんだけど 海岸が 凍っている方が びっくり する。

せっかくなので 流氷の スケッチ 一枚。

まあ 難しすぎる。



お昼過ぎに 屈斜路畔。

湖岸に 温泉が 湧き出し 無料の 露天風呂が 数カ所 ある。

湖面は 完全凍結なんだけど 、そんな 近くは 水が 見えている。

わずかな 場所に 白鳥が あったまっている。

すぐ目の前で ノンビリ 過ごしている 白鳥は とても かわいい。



凍った湖面の スケッチ 一枚。

真っ白の スケッチは 本当に 難しいね!

e0271579_19423282.jpeg

夕方 晴れていたので 摩周湖に 上ってみた。

雪が 積もっていたら この 上りは 大変だろう。


まあ こんな 見事な 綺麗な 摩周湖は 見たことがない。

スッキリ 晴れ渡り 雪と 氷に 包まれた 摩周湖は この時期に 来ないと 拝めないね!

これを 見ただけで 今回の 北海道旅行は 満足です。



本日の 一宿の 恩義は 道の駅 摩周温泉。

名前の ようには 温泉は 併設 されていません。


今日は 一日中 快晴。

こんな日が あるから また 旅行に 行きたく なるんだね!



[PR]
# by 1152toru | 2018-02-16 19:43 | 2012年 2017年 北海道の旅 20 | Comments(0)

7 道の駅 旭川 起床。

相当 雪が 舞っている。

除雪車が 二台 ガーガー 我が車の周りを 動き回っている。


北海道は 宗谷岬から 襟裳岬に 大きな山の塊が どーんと そびえている。

という事は 東西は どこかの 峠越えを しないと いけない。

どの 峠も 甲乙 付け難い 難所で 有名。


網走の 流氷を 見たいけど、雪は ますます 厳しく 降ってきた。

もう 家に 帰りたくなるなあ、、、、、、、

駐車場で 休憩している タクシーが いたので、窓を コンコン。

『網走方面に 走りたいけど 峠越えは 大丈夫ですか?」

答えは 「お客さんに 頼まれても あんまり 走りたくないな。」

ガン ガーン!一気に テンションが 落ちた。


道の駅の中で ぶらぶら 時間を 潰す。

前にも 後ろにも 動けない。


11時になって フードコートの 梅光軒の ラーメンが オープン。

結構 有名店で 濃い味で 美味しかった。


食べてる 最中に 青空が、、、、、

死ぬ覚悟で 峠越えを しよう。

旭川から 紋別の 途中まで 高速道路が 走っている。

峠を トンネルで 突き抜いている。

これで なんとか 難所の 山越え できるかな?

越えてみれば そんなに 恐ろしく なかった。

高速 さまさま だね。


山越えを すると 嘘のように 雪が 少なく なっている。

アスファルトも 見えてきた。

俄然 ヤル気が 蘇る。


サロマ湖 能取湖 湖面が 完全 凍結 、まるで 白い ガラスのよう。

能取湖の 畔に 車を 止め スケッチ 一枚。

そういえば 去年の夏 ここを 自転車で 走ったなあ。

描き始めたら お約束の 雪が、、、、、

何も 見えなく なりました。



今日の 一宿の 恩義は 道の駅 女満別。

明日は 網走に出て 流氷だ!

青空が 欲しいな。



[PR]
# by 1152toru | 2018-02-15 18:57 | 2012年 2017年 北海道の旅 20 | Comments(0)